結婚式のマナーと常識

披露宴に役立つ情報が満載!

招待状の書き方マナー

新郎新婦本人の名前で出す場合と、両家の父の名前で出す場合の2タイプがあります。
最近は、本人たちの名義で出す招待状も増えてきたようです 。
また、パソコンで招待状を自作したり、インターネット上で文や内容を入力して手軽にオリジナルなカードをオーダーする等、自分達で手作りしたり、席次表、席札、披露宴のお料理のメニュー表などのデザインを統一することもできますし、個性豊かな結婚式を演出することもできます。
結婚式の招待状では、「終止符が打たれない」という縁起を担ぎます。
そのために句読点を使わない様にする慣わしがあるので、区切りが必要な部分には句読点の代わりに「空白」を使います。

文例
皆様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます
このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました
つきましては 末永くお付き合いをお願いしたく
心ばかりの祝宴をご用意いたしました
ぜひご出席くださいますよう お願い申し上げます
○○○○年○月吉日
新田太郎・佐藤花子

謹啓
新緑が美しい季節になりました
皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと
お慶び申し上げます。
このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました
つきましては ご報告かたがた末永いおつきあいをお願いしたく
心ばかりの祝宴を催したいと存じます
ご多用中誠に恐縮ではございますが
ぜひご臨席を賜りますよう お願い申し上げます
敬具
○○○○年○月吉日
新田太郎・佐藤花子

結婚式のマナーと常識

結婚が決まったら

おふたり

結納とお食事会

おふたり

招待状・座席表

おふたり

ご列席者

ファッション

ご列席者

受付

おふたり

ご列席者

挙式

おふたり

ご列席者

披露宴

おふたり

ご列席者

引き出物・プチギフト

おふたり

ご列席者

二次会

おふたり

ご列席者

結婚式内祝い&お返し

おふたり

その他

おふたり