結婚式のマナーと常識

披露宴に役立つ情報が満載!

およばれ服装の選び方

初めて結婚式に出席する人も、何度も出席している人も、もう一度見直してほしい、列席者としての洋服選びのマナー。結婚式というお慶びの場だからこそ、マナー違反を直接的に注意されることもないので、意外と知らないまま過ごしてしまいがちです。流行っているから、オシャレだから、だけでは決められない、結婚式のゲストドレスのタブーをお伝えします。

・基本中の基本・白ドレス
ゲストが白いドレスを着ないことは基本的なマナーです。これは主役であるウェディングドレス姿の花嫁を引き立てるためです。全く白を身につけてはいけないのではなく、ウェディングドレスを連想させるような真っ白のワンピースなどは避けましょう。花嫁に対する私たちゲストの心配りですね。
もちろん主役を引き立てるとは言っても、引き立て役だから地味に…ということではありません。祝福の場に華やかな装いで出席することは、女性としてのエチケットです。結婚式に華を添えるためにも、オシャレを楽しんでいきましょう。

・全身真っ黒コーディネート
白いドレスもNGですが、全身真っ黒といった装いも避けましょう。黒のワンピースに、黒のストッキング、黒バック&靴といった黒一式は喪の装いを連想させますよね。こんなコーディネートはやはり晴れの場である結婚式には似合いません。
結婚式でよく見かける黒いワンピースや黒スーツなどは、アクセサリーや素材などで華やかさを演出しましょう。特に注意が必要なのは黒スーツ! コーディネートや素材を工夫しないと、会場スタッフと代わり映えしないスタイルになっていまします。

・素材が爬虫類
爬虫類をつかったものは殺生(せっしょう)ということで、結婚式などのおめでたい席では避けられるものです。
最近のファッション事情から、蛇やワニ革などをつかったアイテムをコーディネートに取り入れ、おしゃれに着こなしている人がいます。知らない人も多いのですが、実は結婚式ではタブーなのです。
友人のみのカジュアルなパーティであればここまで気をつける必要はないかもしれませんが、両家の親族も出席する披露宴であれば、爬虫類素材は避けたほうがいいでしょう。

・レザー素材
洋服以外でも気をつけたいことがバック! 大きなバックはNGです。不要な荷物や大きなバックはクロークに預けましょう。
たとえキッチリとしたスーツであっても、レザー素材のドレスコードはカジュアルになります。レストランやガーデンパーティなどのカジュアルなウェディング&パーティならOKですが、フォーマルな結婚式なら避けたほうが無難です。

・キリスト教教会式でのキャミドレス
海外挙式や国内でも式場ではない教会での挙式の場合は、ゲストも肌の露出を控えることが必要な場合が多いので注意しましょう。その際は結婚式で多いノースリーブやキャミソールタイプのワンピースなどはNGです。ショールやジャケットなどをプラスしましょう。
結婚式場のチャペルやホテルのチャペルの場合はほとんど必要ないのですが、気になるようであれば事前にドレスコードを確認します。

挙式&パーティのスタイルや会場のタイプによっても服装のルールは変わってきます。気になるようであれば、会場に直接問い合わせたり、花婿花嫁に確認してもよいでしょう。
先にも述べましたが、結婚式の場合はお慶び事なので、なかなか直接的にルール違反を咎められることがなく、こっそり陰で言われてしまうことが多いのです。大人のマナーとして、最低限の装いのルールは熟知しておきましょう。

結婚式のマナーと常識

結婚が決まったら

おふたり

結納とお食事会

おふたり

招待状・座席表

おふたり

ご列席者

ファッション

ご列席者

受付

おふたり

ご列席者

挙式

おふたり

ご列席者

披露宴

おふたり

ご列席者

引き出物・プチギフト

おふたり

ご列席者

二次会

おふたり

ご列席者

結婚式内祝い&お返し

おふたり

その他

おふたり