結婚式のマナーと常識

披露宴に役立つ情報が満載!

親族紹介マナー

・代表者による親族紹介
代表者に両家のお父様になって頂き、それぞれの親族を紹介していく形式になります。
主に、それぞれの名前および新郎新婦との関係を紹介していくのが一般的です。この方法は、お父様が紹介する全員の名前や関係を全て予め記憶しておく必要がありますので、緊張しやすい、人前で話すのが苦手といったお父様にはこの代表者による親族紹介は、あまり向いていないともいえます。

・自己紹介による親族紹介
こちらは代表者を立てたりせずに、それぞれが自分で名前を名乗って、それぞれが新郎新婦との関係について紹介していきます。

・親族紹介においての新郎新婦の立会いの必要性
親族紹介をするに当たって、新郎新婦が立ち会うかどうかというのは、それぞれ選択ができます。
特に最近においては、親族紹介についてはそれぞれのご両親にお任せをして、後ほど新郎新婦が親族の一人一人にご挨拶に伺うといった形式も増えてきていると言われています。
どちらの方法を取るにしても、事前に2人の立会いに関してもご両親には必ず確認をするようにしましょう。

・親族紹介の流れ
1. 新郎側から
まず、新郎側から親族紹介を行います。媒酌人を立てる場合は、最初に媒酌人があいさつをします。
2. 関係の深い順に紹介
新郎の父が、家族など関係の深い順に紹介して、新郎もしくは新婦との続柄を付け加えます。
3. あいさつ
紹介された人はひと言ずつあいさつをして、そのあと、一礼します。
4. 新婦側も同様
新婦側も同様の手順で紹介、あいさつをします。
5. 結びの言葉
紹介が終わったら、結びの言葉で場を締めて、全員で一礼します。

結婚式のマナーと常識

結婚が決まったら

おふたり

結納とお食事会

おふたり

招待状・座席表

おふたり

ご列席者

ファッション

ご列席者

受付

おふたり

ご列席者

挙式

おふたり

ご列席者

披露宴

おふたり

ご列席者

引き出物・プチギフト

おふたり

ご列席者

二次会

おふたり

ご列席者

結婚式内祝い&お返し

おふたり

その他

おふたり