結婚式のマナーと常識

披露宴に役立つ情報が満載!

遠方から来るゲストへのマナー

遠方からわざわざ結婚式に来てくれる人は、日帰りはとてもしんどいので、1泊して帰る人が多いですね。
そして、結婚式場まで行く交通費もかかり、何かと出費がかさみます。
独身のうちは良いかもしれませんが、結婚している人はこれらの出費が何かと痛いものです。

そこで、遠方から来る人の交通費と宿泊費は新郎新婦が全額負担するのがマナーとなります。
新郎新婦も何かと結婚式で出費がかさみますが、招待している側として全額負担は逃れられません。中には、交通費か宿泊費のどちらかを負担する新郎新婦も多数いますが、それはマナー違反ですので頭に入れておきましょう。
招待された方は、参加したいけど遠方である為交通費や宿泊費の出費がまず気になっているので、新郎新婦は、まず交通費と宿泊費の負担をするかどうかを明確に伝えてあげる事が大切になります。
費用は、立替てもらうのはマナー違反ですので注意しましょう。
宿泊場所とチケットは新郎新婦で検討して、チケットと宿泊場所の地図のコピー等を事前に招待客に送っておきましょう。
そして、「宿泊費と交通費は負担できないのでご祝儀は結構です」と言う新郎新婦もいますが、これも少し配慮が足りないでしょう。
招待される側は、めでたい席なのにご祝儀を渡さない訳にいかないと気を使うのです。
遠方の人を招待する事は非常に心理が大きく動きます。
しっかりマナーを守って、礼儀正しい対処をしておきましょう。

チケットは、ディスカウントショップで購入したり、早めのチケット予約の割引を狙ったりして、少しでも安くなるようにして、節約しましょう。
また、結婚式をホテルで挙げるなら、そのホテルの宿泊費を大幅に安くしてくれる事がありますので、その辺も確認しておきましょう。

結婚式のマナーと常識

結婚が決まったら

おふたり

結納とお食事会

おふたり

招待状・座席表

おふたり

ご列席者

ファッション

ご列席者

受付

おふたり

ご列席者

挙式

おふたり

ご列席者

披露宴

おふたり

ご列席者

引き出物・プチギフト

おふたり

ご列席者

二次会

おふたり

ご列席者

結婚式内祝い&お返し

おふたり

その他

おふたり