結婚式のマナーと常識

披露宴に役立つ情報が満載!

披露宴のプログラム

・一般的な披露宴のプログラム
1. 招待客の入場
招待客の控え室を用意し、披露宴まで待機してもらいます。軽食やドリンクなどを用意。
2. 新郎新婦の入場
3. 開会のあいさつ
4. 媒酌人のあいさつ
媒酌人を立てないときは,新郎新婦のウエルカムスピーチなどを。人前式の場合は、このタイミングで誓約式を行い、乾杯へ。
5. 主賓からの祝辞
6. 乾杯
7. ウエディングケーキ入刀
ケーキカットは、披露宴前半のハイライト。和装の場合は、お色直しで洋装に着替えてから、後半のハイライトとして行うことも。
8. 祝宴
9. お色直しの退場
お色直しで退場している間は、スライドやビデオ上映などで招待客を飽きさせない工夫が必要。
10. 新郎新婦の再入場
このタイミングで、キャンドルサービスや各テーブルへのあいさつなどを行いながら、ひな壇に戻ってくるのが一般的
11. スピーチ、余興
ここからは招待客の見せ場。新郎新婦へ予告なしの質問コーナーなど、サプライズがあることも。
12. 祝電披露
13. 両親への手紙、花束贈呈
14. 両家代表のあいさつ
一般的に新郎の父親が感謝の意を述べますが、そのあとに新郎から、もしくは、新郎新婦からのあいさつが盛り込まれることも。
15. 閉会のあいさつ
16. お見送り
招待客にお礼を言いながら、プチギフトを渡すのが主流。

・要所を押さえた演出を
披露宴の一般的な流れは上のとおりです。ほかにも、会場で進行例を用意しているので、それを参考にしながらアレンジを加えていきましょう。
招待客の中には、披露宴に何度か招かれている人も少なくありません。普通の流れでは先が読めてしまっておもしろくないようなら、開会後の順番を多少入れ替えるだけでも変化が生まれます。
オリジナリティーを出すにはあれもこれもではダメ。いろいろ盛り込みすぎても、披露宴自体が長引いたり、食事や歓談の時間を妨げることにも。自分たちのしたいことだけを優先させるのではなく、招待客に楽しんでもらうことが第一。多少の余裕を持って流れを考えることが大切です。
そのためにはテーマを決めて、印象的な演出をひとつからふたつ、ポイントを押さえることです。みんなの心に残る披露宴にしましょう。

・余興の流れや内容も大切
媒酌人や主賓のあいさつは食事の前に行われます。あまり長くなると飽きてしまう上、目の前の食事やドリンクに手をつけられません。最近はこの点を心得ている人も多いようですが、なるべく簡潔に済ませてもらうよう、さりげなくお願いしておきます。
また、お色直しで新郎新婦が退席している間は、場を持たせる演出を。スライドやビデオなどの上映でつなぐことが多いのですが、ここは演出のアイデアが生かせるポイント。オリジナリティーを出す工夫をしてみましょう。
友人の余興は、事前に内容を聞いておいてメリハリのつく順番にするなど工夫します。

・流れを変えて、ひと味違った演出
披露宴の最初の盛り上がりとして用意されることの多いケーキカット。
お色直しをしないケースでは、披露宴が間延びしないように中盤にもってくることもできます。その場合、出席者にもケーキにデコレーションをしてもらうなど、ちょっとした演出を加えてもいいでしょう。

結婚式のマナーと常識

結婚が決まったら

おふたり

結納とお食事会

おふたり

招待状・座席表

おふたり

ご列席者

ファッション

ご列席者

受付

おふたり

ご列席者

挙式

おふたり

ご列席者

披露宴

おふたり

ご列席者

引き出物・プチギフト

おふたり

ご列席者

二次会

おふたり

ご列席者

結婚式内祝い&お返し

おふたり

その他

おふたり