結婚式のマナーと常識

披露宴に役立つ情報が満載!

結婚内祝い&お返しのマナー

・結婚内祝いってなに?
結婚のお祝いをいただいたのに、披露宴に招待できなかった方や欠席された方に、お礼として贈るのが一般的です。
最近では、お返しの意味合いが強くなっている内祝いも、本来は身内の喜びを分かち合うお祝いとして、宴を設けたり赤飯を配ったりしたことから始まったもの。ともに祝ってくださる方への感謝を忘れず、先方のことを考えた品選びが大切です。

・何を贈ればいい?
とくに決まりはないので、予算や贈る相手に応じて選びます。昔は紅白の砂糖などの縁起物が選ばれましたが、現代では、食料品や石鹸などの消耗品が一般的。披露宴の引き出物と同じ物でもかまわないでしょう。予算が決まっていれば、先方が好きなものを選べるカタログギフトも人気です。相手が親戚などであれば、記念になるような食器類もよいでしょう。

・のし紙や包装紙はどんなものを使えばいいの?
結婚の内祝いには、10本の水引で結んだ「結び切り」ののし紙を使用します。「結び切り」は一度結ぶと引っぱってもほどけないことから、重ねて起きては困る、一度きりでよいことがらのときに用いられる形式。10本の水引は、5本と5本の2色の水引をあわせて10本にすることから、新郎新婦両家が一つにまとまることを意味するとも言われます。
表書きは「内祝」とします。

・誰に贈ればいい?
結婚内祝いは基本的には、結婚式、披露宴に出席しない方、つまり、親族やごく親しい友人ではなく、少し距離のある間柄の相手に贈るケースが多くなります。

・贈っていいもの、だめなもの。
贈って喜ばれるのは、実用品や消耗品を中心に、だれにでも使いやすいもの。贈る相手は身内や親友ではない場合が多いので、失礼のないよう安心感のあるブランドのものや、趣味嗜好を問わないシンプルなものが無難でしょう。
品物によっては、先方を困らせてしまう場合もありますのでよく考えて贈る必要があります。

結婚式のマナーと常識

結婚が決まったら

おふたり

結納とお食事会

おふたり

招待状・座席表

おふたり

ご列席者

ファッション

ご列席者

受付

おふたり

ご列席者

挙式

おふたり

ご列席者

披露宴

おふたり

ご列席者

引き出物・プチギフト

おふたり

ご列席者

二次会

おふたり

ご列席者

結婚式内祝い&お返し

おふたり

その他

おふたり